×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みなさまへの挨拶┃ ┃子供の心理と真理┃ ┃体験談┃ ┃FAQ┃┃無意識からの解決┃ ┃メンバーの体験例┃ ┃MAIL/CONTACT US【メール相談】┃ ┃ お役立ちリンク集

不登校・ひきこもりになる子供の心理と真理

 

不登校、そしてひきこもりになる子供についてのコラムです。
なぜ子供たちは不登校やひきこもり状態に陥ってしまうのでしょう? なんで私たちはその状態から抜け出せないんだろう?
メンバーの体験を寄せ集めて綴っています。
断言調に書かれてありますが、あくまで私たちの経験ですので、それを頭に入れてお読みください。

子供の不登校や引きこもりは、心の問題・悩み・トラブルで生じています。
そこを効果的に解決していかなくては、子供にとって未来はあり得ません。
じゃあ、どういう心の問題なの? となりますが、非常にわかりにくいから厄介です。
我が子のことを親ゆえにわかりにくいと言うことがありますが、子供の心の専門家でも難しいものです。

子供が苦しんでいたり悩んでいたりするのはわかるけれど、どういう苦しさなのか想像がつきません。
その苦しさはどこから発しているのか、何が原因か、となるとますます藪の中です。
人間の心(特に子供たちの心)ほど複雑で矛盾だらけのものはありません。
でも、どんなにこんがらがったものでも、必ず原因が存在しています。
そして、結果として不登校や引きこもりとなっているわけです。
原因は見えないだけで、絶対あるはずです。
逆に、元気に学校に通っている子供は通える理由があり、不登校に陥る原因が存在しないということですね。

実際問題、本当の原因とどうやって対処していけばいいのか、そこが重要です。
心の問題は、こんなんじゃないか? という予想では決して好転しません。
確固たる、これだ! というものがないと、当人も私たち保護者も納得できません。
だから、本質をつかまずして、子供に何をやらせても、どんなところに預かってもらっても、決して解決できないのです。
一つも解決を見ないまま時間がたつにつれて「なぜ?」 「どうして?」 「何で私たちだけ」 「どうすればいいんだ」と永遠のループに陥ります。
貴重な時間が失われると同時に、子供たちの心から生気が消えていきます。
子供たちの悩む時間一分一秒が非常に重要です。
一番多感なたくさんを学べる時期に、子供の心が引き裂かれるばかりだとその後も心配になってしまいます。
もっとはやく解決できていれば良かったのに、出会っていれば良かったのに! と誰もが思いました。
不登校や引きこもりを解決しても、その後悔はついて回りました。
時間ばかりは元に戻せるものではないです。

一方、子供当人もおそらくは混乱していて、しっかり今の現状と原因を把握できていないでしょう。
フラストレーションがたまり、自信喪失ばかりの人生に陥り、劣等感ばかり身に付いていきます。
部屋の中、家の中にいるのが一番いい選択だが、それすら苦しいのです!
何をやっても苦しいから、まだ苦しくない部屋の中にいてしまう。
そこに建設的な選択の余地はありません。

でも、端から見ると、ずっと部屋に閉じこもったり、学校をさぼったりしている「情けない人間」「怠け者」というレッテルを貼られてしまうんですよね。
思春期のまっただ中にいながら、ほとんどプラスの経験をすることができない。
時間がどんどんたつにつれて、飛躍的にコンプレックスをためていってしまいます。
当人にとっては、ほんとうは青春を謳歌したいはずです。
学校にも通いたいはずです。
通いたいというより、誰もができていることがどうしてもできないということは、心の傷になるでしょうし。
でもどう頑張っても、私たちが支援しても不可能なのが、この不登校問題。
人間は不満のはけ口をどこかに見つけなければ生きてはいけない生き物です。
もし不満を心の中に抑圧していくと、心をますます病んでしまうか、ついには暴発してしまい、とんでもない社会的事件を起こしてしまいます。
よくニュースで流れる「なんであの子が?」という意外な反応というものも、実は心に抑圧をかけつづけた末路にすぎないのです。
はけ口を親に向ける子供もいます。いわゆる家庭内暴力です。
もともと暴力的な人間ではない子供でもなってしまうのは、逆に言えば、それだけイライラと焦燥感をため続けていることの証拠です。
人間不信も頂点に達します。
こんな人間だらけの社会に(当たり前ですが)、極度の人間不信のままでいたらどうなってしまうんでしょうか

まわりの家族も苦しんでいれば、当人はおそらくもっと苦しんでいます。
生きていて楽しいことなんかほとんどないでしょう。
楽しくないから、ますます心に鍵をかけて、苦しみを感じないように殻に閉じこもるのは当然です。
唯一一人でもできるテレビゲームやネットに逃避するように中毒となってしまいます。
そしてますます社会や学校との距離が遠くなってしまいます。
当人もなんとか脱却したいと思っている。でも手段がない!
それは私たち保護者とて同じことです。
そして永遠の悪循環と思われるような状況が続いていきます。
当人の問題を超えて、兄弟姉妹、父母、祖父母にまで希望がなくなっていきます。

20歳くらいまではまだまだ世間の目も見守ってくれます。
でも立派に社会人としてやっていかなくてはいけなくなるととたんに厳しくなります。
そのころには不登校の子供預かってくれる施設もありません。
ハンデばっかりを抱えたまま、社会に出るか、引きこもり続けるかしかありません。
無理矢理社会に出たとしても、ハンデばっかりの当人に自信を持って生きていく武器は全くありません。
幸せではない人生が続いていってしまいます。
逆に私たちが会社の人事担当者だとして、そのような子供たちが面接しにきたとき、会社に入れたいと思うでしょうか?
感性がいくらあっても、やはり他の志望者を優先すると思います。
残酷ですが、それが社会というものです。
居場所がないまま、心に劣等感を抱えたまま生きていかなくてはいけない。

子供はずっと非社会的生活を送っていくと、自律神経のバランスがおかしくなってきます。
つまり、一人でいてもほっとできなくなる。
よけい苦しい状況になってしまいます。
体もがちがちに硬くなり、いつも緊張状態におかれます。
でも、抑圧のはけ口も気分転換もできないから、いっそう蓄積していくばかり。

親と子供のギャップ、溝がますます広がります。
もう最低限のコミュニケーションすらとれないほどにです。
だからますます解決を遠のかせてしまう。
子にとっては、親は自分をわかってくれない、となる。
親にとっては、どうして!? となる。
家庭の雰囲気は真っ暗闇です。

一方、さまざまな不登校や引きこもり対策のセラピーや施設が世の中に存在しています。
でも、本質的問題を見ずに、心理カウンセラーや スクールカウンセラーはアドバイスします。
表面的にしかやりません。
預かる施設も 文字通り子供を預かるだけ。
子供の心の問題を克服するのには力不足だし、そもそも考えてもいないかもしれません。
保護者にとっては問題の子供がいなくなりほっとしますが、 ただ問題の先延ばしになっているだけ。
万が一の期待を込めて送り出しますが、万が一は来ることはないのです。
時間が解決してくれることはありません。

強くなってほしいと思う。
立ち直ってほしい。
たくましく生きてほしい。
けれど、子供本人が強くなりたいと願っても、絶対できない「何か」が心の中にある。
だから、親の期待はかなえられない。
ほかの同級生は順調に(?)育っていっている。
だからますます惨めになる。
テレビの向こうの世界は、誰もが幸せに生きているように映る。
だから余計心がクサクサしてくる。

親としても、世間の目がある。
あれだけ立派になってほしいと願っていたのに、社会の底辺でもがき苦しまなければならないこの状況。
しつけも育て方もしっかりしてきたのに、なぜかつまずいてしまった。
子供の将来がとても不安になる。
自分の人生以上に子供の人生が気にかかる。
親にとっても子供にとってもいっこうに心休まる日はこない。
何をやってもだめ、これもだめだった、の連続。
みんな(ある程度)当人や保護者にとって共通していることだと思います。

どれだけ私たちももがき苦しんできたことでしょうか。
でも希望はあります。
その希望が私たちには現実となりました。
実は不可能に思えたことでも、何とかなるものです。
世の中には真のプロフェッショナルもいるし、最高のセラピストもいます。
保護者に、子供に希望が芽生えたら、私たちがホームページを立ち上げた最初の目的は達成されます。
作った甲斐があります。
そして、今まで失ってきたものをたくさん取り戻してください!
取り戻させてやってください!
それに足るすばらしい先生がいたこと、私たち家族が再生できたこと、不可能はないということ
頑張ってください!
あなたたちならできます!

【共同執筆 ショウザン・マツナミ・おトミ】
SITEMAP


不登校/ひきこもり問題克服 保護者の集い HOMEへ戻る

みなさまへの挨拶┃ ┃子供の心理と真理┃ ┃体験談┃ ┃FAQ┃┃無意識からの解決┃ ┃メンバーの体験例┃ ┃MAIL/CONTACT US【メール相談】┃ ┃ お役立ちリンク集